木粉直火燃焼装置(MCNシステム)<<木材機械事業<<株式会社たいへい(繊維機械・フェルト製造・木材機械-愛知県豊田市)TAIHEI MACHINERY CORPORATION

株式会社たいへい(繊維機械・フェルト製造機械・木材機械-愛知県豊田市) TAIHEI MACHINERY CORPORATION
自動車内装成型品、自動車ドア基材、ベッドマット、住宅用断熱吸音材、フェルト、プラント開発・設計・施工、フェルトマット、ワールドフェルト

Environment and Evolution TAIHEI MACHINERY CORPORATION

木粉直火燃焼装置(MCNシステム)

焼却の熱エネルギーを生かして大きな経済メリット
木質廃材のクリーン燃焼・エネルギーリサイクルシステム

本装置は、木材工場で発生する廃材のうち主として乾燥廃材を木粉化して燃焼させ、その燃焼ガスをドライヤーの熱源として利用するシステムです。
既に合板工場のベニヤドライヤー、パーティクルボード工場のチップドライヤー、ファイバーボード工場のファイバー気流ドライヤーの熱源として採用頂き、石油系燃料の大幅削減によるコストダウンに多大な効果を発揮しております。

木粉直火燃焼装置(MCNシステム)

廃材はシュレッダー等によりあらかじめチップ化して、チップサイロに貯めます。乾燥チップは次の微粉砕機で更に細かく粉砕し、スクリーンを通して粒度をそろえた上で木粉サイロに貯蔵します。
その木粉を燃焼に必要な量だけメタリング゙フィーダーにより定量に取り出し、バーナーファンでMCNバーナーへ吹き込み燃焼させます。
発生した燃焼ガスは次のバーナーブレンダーでドライヤーからのリターンエアーと混合して温度を下げ、ドライヤーへ送り込んで乾燥の熱エネルギーとして利用します。

「エネルギー需給構造改革投資促進税制」対象設備
廃棄物利用装置(木くず焚きボイラー) 
証明団体なし
メーカーにて証明します。税制カテゴリーコードⅠ-別表④-6/一

木粉直火燃焼装置(MCNシステム)